2006年10月16日

板橋と日本橋

テレビなんだが
ゴールデンタイムに師匠の落語が流れていました。
演目は『粗忽の釘』でした。
私の家では映りが悪かったですが、みなさんの家でも観れたかな?

と思ったが、その同じ時間帯に
一部の方は師匠の独演会に行ってるわけで、生で観てるわけですよね。

要するに、どこかで繋がっていると。
落研の絆は、深いのか太いのか。温かいのか細かいのか。

http://www.chiba-tv.com/yose/index.html


余談ですが
杏ちゃんのデビゥー当時に似ている
北原多香子さん(アダルト)注目です。
posted by 葉加瀬 うるとら 万太郎 at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・・・・目移り?
Posted by hige at 2006年10月18日 23:34
>ハイゲ
もう焼きついてるから
移るものではない。重ねていく。
というか、南波さんと重なりたい。
Posted by 肉息子 at 2006年10月23日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25597191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。